何はともあれ、このニュースですね。

スポーツナビ | ニュース | プロ野球オリックスの仰木前監督が死去=イチローら育てた知将
今年、プロ野球オリックスの監督を務めた仰木彬(おおぎ・あきら)さんが15日午後4時10分、呼吸不全のため福岡市内の病院で死去した。70歳だった。葬儀は密葬で行う。  福岡・東筑高から1954年に西鉄に投手として入団。すぐに二塁手に転向し、チームの黄金時代に貢献した。67年に現役引退。西鉄で2年間、70年からは近鉄に移籍し、18年間コーチを務めた。88年に近鉄監督に就任、89年にリーグ優勝し、92年に退任。94年オリックスの監督となり、本拠地神戸が阪神大震災に見舞われた95年にリーグ優勝、96年には監督として初の日本一に輝いた。2001年に退任し、04年には野球殿堂入り。05年に近鉄と合併した新生オリックスの監督に復帰したが、高齢による健康面を理由に1年限りで退き、球団シニアアドバイザーに就任していた。  監督時代には「仰木マジック」と異名を取った奇策が得意。88年10月19日のパ・リーグ最終戦のダブルヘッダー、ロッテ戦で優勝を寸前で逸した激闘は「10・19」として球史に残る。また、近鉄では野茂英雄、吉井理人、オリックスでもイチロー、長谷川滋利ら後に大リーグで活躍する選手を見いだし、育成する手腕も光った。[ 時事通信 2005年12月16日 0:31 ]

監督に復帰されてからは、明らかに顔色が悪く、
大丈夫かなぁ…という感じではあったけど…やはり、良くなかったんだね。
入院されるギリギリまで、最前線にいたような印象があるから、
凄く、いきなりな感じがする。

神戸の人たち、名将:西本幸雄、盟友:中西太…
それぞれのコメントからも、素晴らしい人柄がうかがえる…惜しい人を亡くしたものだとおもう。
ご冥福をお祈りいたします。

その他のニュースを。

ITmedia +D PCUPdate:俺の血管でPCが起動するっ!──日立製作所「静脈認証」ノートPCを試してみた
いまや「指紋認証は当たり前」のノートPCセキュリティー。そういうなか「静脈認証」ノートPCは字面的にもなかなかインパクトがある。そんな静脈認証ノートPCに「指紋認証ではじかれた過去」を持つ男が挑戦した。

先日の、『粘土で指紋認証可能な件』において、
『静脈チェックとか(中略)携帯とか、ノートPCのロックを解除するのにわざわざそれは難しいしなぁ』
と書いたのだけど、実現されてた!
不勉強というか、失念というか。
そうかそうか、技術的には可能なレベルには来てたんだ。

認証精度は、まだ改善の余地がありそうだけど(それとコストもね)、
かなりきちんと認証できてる。
でも、『他人を認証させないこと』と、『本人をきっちり認証させること』
というのは相反する関係で、殆どトレードオフだってのが解った。
そのために、5パターンを登録するようにしているというのも面白いし。
本当にそのうち一般的になるかも。
一部ATMやセキュリティシステムでは実装されてるらしいね)

ITmedia +D Games:マイクロソフト、「HD DVD搭載のXbox 360発売」報道を否定
マイクロソフトは、12月14日に一部で報じられた「HD DVD搭載のXbox 360発売」について否定するコメントを発表した。以下が発表されたコメント。

1. マイクロソフトは、米国でも日本でも、Xbox 360への次世代DVDドライブ搭載の可能性に関して、いかなる発表も行っておりません。
2. 次世代DVDを搭載したXbox 360を発売する予定は今のところありません。

一部報道で、XboxはPS3に対抗して、HD DVDを搭載する、
マイクロソフトは、HD陣営入りか!
なーんて煽り口調で報道された直後、即座に否定の公式発表。
この問題がどれだけデリケートな問題であるか、よくわかるね。
例え今はどちらかに属しているとは言え、殆どの企業が、未だ様子見であって、
しびれを切らして両方開発することを決めたところもあるし、
一方で、調査会社の米IDC社が、ブルーレイの勝利を予測したりと、
未だ先の読めない状態。

ま、僕らはゆっくり待って買えば良いんだけどね。


ITmediaニュース:「あ゛」「え゛」も表示――12万字のフォント無償公開
東大坂村研究室の「T書体フォント」は、漫画で用いられるような濁点文字や、変体仮名、中国の古い漢字も収録した。

『東大坂村研究室』といえば、国産OS、TRONが代名詞なんだが、
同じように国産と言えば文字。
特に仮名、漢字などは、国際的な規格では正しく規定されにくい。
それを、補ったという意味では、かなり意義のある活動では…

しかも、無償リリース!
驚きだ…
行政から、学術的な分野まで、
広く実用されそうだ。
ホント凄い。


最後にこれで締め。

ITmedia +D モバイル:ドコモ、韓国2位のキャリアKTFに655億円出資
NTTドコモは韓国の携帯キャリアKTFに、約655億円を出資すると発表した。委員会を設置して、事業提携も検討する。

何度も取り上げてきた、最近のドコモの、なりふり構わぬ行動。
今度は韓国進出だ…

韓国の携帯事情というと、
個性的な携帯端末がよく取り上げられるけれども、
キャリアに関する情報ってのはそう言えばあんまり聞かないなぁ。
この記事によると、ドコモが出資したキャリアは、
32%のシェアを持つ会社らしい…そうだな、auっていう感じか。まさに。

あくまで『出資』であって、買収ではないので、
今すぐどうこうというわけではないけれども、
遂に、NTTが、資本に見合った活動を始めるようですなぁ…。

といった感じで、今日はこの辺で。
また。