というわけで、昨日は市場君の結婚式でありました。
昼からの披露宴に出席し、その後二次会、三次会、四次会…終わったら5時でした。
やーほんま疲れた。

実は二日酔いだったんよね…
前日、音楽関係の打ち合わせで、りゅうとウェラーズに行ってみたところ、
たまたまイベントをやってたんで、打ち合わせ後もそこで楽しく飲んでしまい。
なんか色々飲んだので、どれが悪かったのかよく分からないけど、
いやー多分…フレンチキス(まがい)だったんじゃ(苦笑)

というわけで、裏事情も盛り込みつつ。

酒の残る中、昼頃起きて、カメラその他準備をして、出発。
部屋は散らかり放題で、確か東松が来ると言ってたんだけど片付ける暇もなく。
(すまん)

地下鉄、北山駅前で、河村、宮地、速水に偶然会って、一緒に会場へ。
披露宴前の『催し』に何とか5分遅れくらいで到着。
何故か、餅つきの真っ最中で…入るに入れん(苦笑)
何とか受付を済ませ、様子を見てみるとなんだか市場の表情が違う。
新婦はいつも通り、綺麗に可愛く笑ってたんだけど、
えーとね、なんかね、不自然に微笑みすぎだってば!(笑)
さすがにあいつも緊張してるんだ、と。
親族も揃ってるのであんまり大きい声では言えないながらも、
久々に全員集合した馬術部同回のヤツらと突っ込みつつ、見守ってみたり。

その後行われた披露宴は、なんだろうな、陽も入り、
凄く暖かい雰囲気の中で、いかにも上品な料理をいただくと言った感じで、
さすがの我々もちょっと大人しくなり気味。
…だけなわけはなくて、挨拶時にはきっちりと突っ込んで爆笑の渦、と。
えーと、嫁さんが既に引き気味だったのは見なかったことにして(笑)

まぁねぇ。
親族一同、職場の上司や同僚、色んな人がいはったわけなので、
さすがに彼も緊張したでしょうな。
ていうか、お前の方が泣きそうだったやん(笑)


披露宴も無事に終わって、その余韻に浸る暇もなく、僕は家へとんぼ返り。
というのも、披露宴にびっちり出席しているにもかかわらず、
二次会の幹事も務めていたわけで、
式、披露宴の写真をプリントアウトして持って行った上で、
二次会の受付他を手伝ってくれる後輩に指示を出さなくてはいけないし、
PAのセッティングもしなくてはならんし、
会場の担当者と細かいところを打ち合わせなくちゃならないし、
始まったら司会でしきらなあかんし、
ていうかね、
細かい予定はその時点で全く決めていないという、SWITCH-OVER的仕切り!
やーあり得ないですよ。
友人の一生の想い出を作る場に臨む幹事が、
全てをアドリブで取り仕切ろうとしてるってどういう事だと(笑)
まぁでもいつものとおり、
とりあえず数多くのパーツとなるアイディアを揃えておいて、
それを状況を見て適宜はめていく、
そういう作業は得意だし、慣れてもいるんで、心配はしてませんでしたね。
手伝ってくれたみんなも、自分の判断で的確に動いてくれてたし。
むしろ、しゃべりの方が不安だったけど、不思議と緊張はしてなかった。
まぁ、いつも通り、笑い取れればいいわけだしね。

受付開始30分前から、開場までの1時間で、
全てのタイムスケジュールを決め、打ち合わせをし、急遽友人に挨拶を依頼し、
その際に必要な小道具を調達し、
受付始まってからは、その時点で全く決まっていなかった席を、
客に合わせて割り振りし、やーよく働くなぁ俺(笑)

一応、スケジュールは全て上手く行って、
入場に始まり、
怪我で急遽来れなくなった先輩の代わりに頼み込んだ池田さんの乾杯も、
いかにも池田さんらしい感じで温かく終わり、
友人代表挨拶(実はタイムマシンの前振りです)も、みな上手くやってくれたし、
友達が持ってきてくれた25年もののラムに舌鼓を打ち、
あ、このラム、ものっすごく、美味かった。超絶品。
香りと言い、舌触りと言い、味と良い、喉を通る感覚と言い、後味と言い、
文句を付けるところがひとつも見あたらないような、そんな凄いラムで。
一瞬、司会の仕事を忘れてしまいました。
飲んだ人全員が絶賛するラムなんて出会ったことないよ。
(おかげで、二次会だけで一瓶空いてしまったけど)
もう二度とアレは飲めないだろうなー…

で、博士と助手による伝統芸、『タイムマシン』。
なぜか博士と助手の設定が入れ替わってしまうと言うハプニングも在りつつ(笑)
その辺は中川の機転で何とか切り抜け、て、
そう、このタイムマシンをやるために、エネルギーの半分くらいは費やしてたんで、
非常に楽しく盛り上がって良かったなぁ、と。
新郎新婦の、ノリが良かったのにも助けられたなぁ。
多分こう返してくれるだろう、と期待して投げてる部分もかなりあったけど、
期待通りのレスポンスはさすが。

その後、スムースにビンゴ大会に進み、
後輩が色々助けてくれたおかげもあって、危惧してた賞品関係も凄くスムースに。
かなり大量のアドリブ(賞品の紹介とか台本にはなかった…多分僕の頭には、
ちちんぷいぷいの、角さんのイメージがあったと思われる)を入れたにも関わらず、
予定時間ピッタリに終わり。
馬術部のヤツらの悪巧みで、急遽、新郎の挨拶にかこつけて、
タイムマシーン→キスシーン再現などというイベントも盛り込んでみたりして、
(あの前振りをあの場で考えられる俺ってすげえ、と自分でも思った)
最後は、退場できれいに決まって、時間ピッタリ。

向こうの担当者も、2週間前の打ち合わせ以来、
殆どやりとりがなかったので不安だったらしいのだけど、
つつがなく終わったんで、安堵されてました。
あー疲れた。

手伝ってくれた後輩諸君、上野さん、山崎さん、山口君、
音響を担当してくれたリュウ、
セレクトCDを提供してくれたタマイ、
急遽、挨拶してくれた、池田さん、宮本、太一、
アンド、Special Thanks、中川!
ほんまに助かりました。ありがとう。


で、その後2次会の撤収をして、3次会へ。
やっぱりあれだね、3次会って、大体主役が遅れてくるよね。
一旦ホテルに帰るんで仕方がないけど、なかなか難しい空気。
で、1時間くらい、みんなバラバラに黙って酒を飲んで喋るという状態が続いたんだけど、
(カラオケバーなのに!)
気合いでカラオケ引っ張ってくれたおかげで、なんとかカラオケっぽくなって、
新郎到着、後はそのままどんちゃん騒ぎ系で。
いやはや。
なぜか、3次会の幹事にも頼られてたので、気が抜けませんでしたが(苦笑)


3次会終了後、えらく疲れて帰りたかったけど、
始発まで帰れない友達がいたことと、新郎を説得して帰らせるより、
そのままどっかで飲みながら始発待った方が面倒ではなかったこととで(笑)
和民に5時まで居座る。
ホッとしたのか、新郎はそこで撃沈。
返事らしき音を返すだけの物体と化し、“運搬”も困難で(笑)
5時になんとか連れ出して、いやその途中、靴がないってんでまた一悶着あって、
(なぜ君はこうネタに事欠かないのだ(笑))
でも無事に終わって帰宅。


あー、思い出すだけでもおもろいわー。
もちろん、各所で引いてた人も少なからずいたとは思いますが(笑)
最後、和民には非常にご迷惑お掛けしましたが(苦笑)
僕らは大変楽しみました。


本当に、結婚おめでとう。
末永くお幸せに…


…次は、鍋&太鼓大会な。