正確に言うと、冷静で居続けるのが苦手だ、ということか。

親しい友人は、僕がムキになるのを目撃する機会もあると思うので
よく知っていると(僕は)思うのだけれども、
僕は元来、冷静な人間ではないし、気もかなり短い方だ。
それでも僕が冷静に見られるのは、
それを踏まえた上で、冷静たらんとしているからだろう。

理論武装、に関しても同じことで、
といっても僕の理論武装は所詮主観の発展でしかなく、
文献その他の裏付けが乏しい物が多いのだけれども、
要は、相手を打ち破るためだけに武装していると言うよりも、
それがないと、常にムキにならざるを得ないから、
とも言えるのかもしれない。

こういう性分は、年を重ねる毎に、
あまり外に出さずに済むようになってきてはいるけれども、
緊迫した状況や、仕事の上での話になると、
どうしても、冷静を保てなくなる。
無理に冷静を保つ必要はないのだけれど…
冷静を失うと、結局、筋の通らないことを口走ったり、
普段思っている感情をベースに発言したりして、
適切なコミュニケーションを取れなくなってしまう。
ムキになった時点で、負け、になってしまう。

三つ子の魂百まで、とはよく言ったものだなぁ、と思う。


多分これからも、日々、努力しながらも、
時々、そういう自分が顔を出していくのだろうな。