某mixiにはくわしめに書いたんだけど、ここに書いちゃっていいのかどうなのかよくわかんないので、適当にごまかしつつ。

9/3夜…さし当たってやること無し。大阪にはやっぱり行けなかったわけで…僕はタバコ吸いながら日本酒飲むわけで…やることなくて疲れてるのなら早く寝ればいいのに、なかなかそういう気分になれず、気が付いたら朝。

9/4夕…↑そういうわけで、寝て起きたら夕方。…。ご飯を炊き、冷蔵庫にあった物を適当に炒めて食べる。しかし、醤油を切らしているという緊急事態。今考えると、鰻のたれとか、焼き肉のたれとか、ソースとかあったんじゃないかと思うんだが、なぜか、ごま油と、塩こしょうと、ナツメグと、ラー油と、ナンプラーで味を何とかしようとする。うーむ。あんまり上手くいかなかった。おろしポン酢をかけて食ったら結構いけたので、結局それで食う。むしろ、味付けなんていらなかったっぽい。チクショー。

9/4夜…眠れず。なんだか気が散って、緊張してるわけではなかったんだが、ていうか根本的に遅くまで寝過ぎなんだよ!レコード選んでみるが、正直どんな音を求められてるのかさっぱり分からないので、いろんな物を詰め込んで、ケース持っていくことにする。
ああ、何に緊張してるかというと、翌日朝からメトロで、ドラマの収録があり、そこにDJとして参加するということになっていたからなのですね。もしかして、メトロのどっきりだったら大笑いだな、いや脱力か、とか思いつつも、どう考えてもそっちの方が可能性は激低いので、マジメに。

9/5朝…殆ど寝ないまま、準備して出発。8時半頃メトロ着。早すぎた。誰もいねぇ。ナッキー以外。いいけど。仕事前だから飲むわけには行かないんだが、しかしそれではDJにならんので、缶ビールいただく。美味い。でも、全く回らない。恐るべし、緊張感。
9時過ぎ、助監督の人、客のエキストラが到着。しばらくして撮影舞台も到着して撮影開始。音は…『踊りやすいヤツが良いですよね、』『ヒップホップみたいなのはちょっと…』というご要望。ダンスミュージックは踊るための音楽だし、DJはヒップホップばかりではないし、ちょこっと苦笑い。でも実際問題、『踊りやすい』の定義が全く違ってることに気付いてなかった。ちょうど…『わかりやすく話してくれ』と外人に言ったら、ゆっくり喋られた、みたいな。英語そのものがわかんないのに、という感じ。どうも、HOUSE DJ的な『わかりやすさ』では不十分らしい…圧倒的に、違う。きっと、浜崎あゆみのトランスミックスとかなら通りそう。つうか、持ってるわけねぇ。YUKIはあげちゃったし。客の好みが全くわかんない場所でDJするのなんて、初期TOOEARLY@ナムコワンダーシティ向日町、以来だぜ?(笑)
まぁそういうわけで、ギリギリの線で、練習中(踊り狂う練習)も流して、リズムを体に覚え込んでもらって、のってもらおう、という作戦で。…上手くいったのかなぁ。全体的には、撮影は順調に進み、11:45、メトロ・ロケ終了。お疲れさまでした。
なお、僕は多分映ってないので、期待して見ないよーに。誰もみねぇか。一応、10/20(木)テレ朝、とだけ伝えておきます。時間はしらん。

9/5昼…一旦帰宅して出勤。結構気疲れ。仕事、頑張る。予定一つキャンセル。うーむ。