家にある傘の数が減りません。
むしろ、増える一方。
さりげなーく、コンビニに忘れてきたり、
会社に持っていって放置したりしているんだけど、減ることはない。


原因は、不安定な気候による夕立。
サービス業をしてる人なら分かると思うんだけど、
基本的に傘ってのは忘れられるもの。
そして、忘れられた傘というものは、基本的に取りには来ないもの。
そういうわけで、店でも、ある一定量が溜まると捨ててます。


自分なりに、家に置く傘は多くても2本にしようとしてるんだけど、
気が付くと増えてて、今家にある傘は4本。
それも、いわゆる透明のビニール傘は1本しかなくて、
買ったら1000円くらいの傘が2本と、同500円くらいの傘が1本。


例えば…朝晴れてれば、わざわざ荷物になるような傘を持って出勤はしない。
でも夕方土砂降りなら、傘を貰って帰る。
メトロでも、同じ。


しかも、結構いい傘が揃ってるんだよ…
これを持って帰らないってのはどうなんだ、と思うようなものもちらほら。
多分ね、あらゆる店舗で似たような状況があって、
そして且つ捨ててると思うんだけど、
これを回収してくれる業者とか、NGOとかいないのかな。
認知度だけ高くてどうにも怪しい、白いわっかよりも、
これを集めて売って寄付した方が、手っ取り早いし現実的なのになーとか思ったり。
とはいえ自分で始める気合いもなかったり。


そんなわけで、傘は色んなところで忘れられて、
街をぐるぐると使い回されたのち、
ゴミとして捨てられるんである。

なんて運命的な、ものなのかしら。