Cutting Edge

cutting edge
【名-1】 刃の先端、刃先 【名-2】 (流行・ファッションなどの)最先端 ・ Company A claims to be at the cutting edge of Internet technology. A 社は自社がインターネット技術の最先端にいると主張している。 【形】 <→cutting-edge>

中田英寿が英プレミアリーグ初先発で、なかなか良い動きを見せたらしい。
実際の試合を見てないので何とも言えないが、
編集されたニュース映像を見た限りでは、攻守に良い動きを見せていた。


監督もその働きに満足していたようで、
彼の動きを評して、

『He has shown us cutting edge with his play.』
(彼はそのプレーでカッティングエッジを見せた)

と語っていたそうだ。
nikkansports.comより引用)


cutting edgeとは、辞書で引くと上に書いたとおりの意味だが、
サッカー用語として使うと、
『決定的なチャンスをつくる創造的なプレー』
という意味だそうだ。
洒落た表現だな、と思う。


環境さえ整えば、中田がやれることは誰でも知ってるんだけど、
でも、『やる能力がある』ことと『やる』ことの間には大きな溝があって、
中田の近年の評価は、その溝にはまっていた感じだったから、
こういうニュースを聞くと、素直に嬉しい。

とはいえ、現地の新聞の評価の中には、
5点を付けて、
『まだプレミアのスピードについて行けていない』
とした辛口の評価もあることだし、
まだまだ楽観は出来ない。ライバルもいるしね。
(今はたまたま怪我してるだけ)


中村、小野、高原らと合わせて、
よりよいニュースが届くのを楽しみにしていたいと思う。


参考:
「中田はカッティングエッジ」監督が絶賛 - nikkansports.com > サッカーニュース

地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク