恒例のアクセス解析調査、第14弾。
調査期間は、[2005/8/1-8/15]。

vol. 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13

BOT/CRAWLER
Cerberian
UA: Mozilla/4.0 (compatible; Cerberian Drtrs Version-3.2-Build-0) プロバイダ・サービスと、フィルタリング・サービスを提供する、Cerberian社(現在の経営はBlue Coat社)のBot。恐らく、フィルタリングのためのクローリングだと思われる。robots.txtは確認せず、直接ファイルにアクセスする。 ちなみに、UA中のDrtrsは、『ダイナミックリアルタイムレーティングシステム』の略らしい。“Webページ分類再確認手順”というページで、Mutterを調べてみると、『ユーモア・ジョーク』という評価をいただいておりました(苦笑)
MaplogCralwer
UA: MaplogCralwer 『Maplog』で検索して出てくるのは、MMORPG『MapleStory』に関するページ、Google Map APIを利用して、自分なりのMapを作ってみたというページ()などなのだが、このクローラーに関して言えばいまいち決め手に欠ける。Google Map API関連の情報を収集するような感じのクローラーなのかな、とは思うが…収集しているのは、サンシャインカフェの記事内の画像。地図っていうキーワードの入っているエントリの画像を収集するんだろうか。微妙。
MeMeTaBot
UA: MeMeTaBot よく分からないbot。恐らく収集目的だとは思うが…
OpenIntelligenceData
UA: OpenIntelligenceData/1.1 (+http://www.worldwideweb-x.com/openData.html) リンク先の説明文によると…統計データを無償で提供するためのプロジェクト…となっているけれども…なんだか、別に普通のディレクトリ型検索エンジンな気がするのは気のせいだろうか。まぁどうだっていいけれども。ちなみに、robots.txtはチェックしていない。よく分からないサービスだし、遮断の方向で。


SOFTWARE

ibisBrowser
UA: Mozilla/4.0 (compatible; ibisBrowser)
無料の携帯ブラウザー。現在、鋭意開発中(開発blog)こういうブラウザって、一旦、自社サーバで情報を変換してから提供するのかな?ホストが開発会社になってることが多いよね。まぁそれくらいしないと携帯に対応させるのは難しいか…
携帯用ブラウザも乱立状態で、しかもノウハウが確立してないせいでみんながみんな、0から作るぞ状態という、稀に見る混線状態なわけだが、逆に面白いかなーと。さて、生き残るのはどれだ?

Getweb!
UA: Mozilla/4.0 (compatible; Getweb! 3.12b) Getwebでヒットするソフトウェアは多いが、バージョン情報から推察するに、株式会社ウェブテクノロジが販売していたソフトウェア、『Getweb! with ImageBrowser』ではないかと思われる…自信ないけど。現在は、販売・サポート共に終了している模様。
iOpus-I-M
UA: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; iOpus-I-M) iOpus社製のソフトウェア、Internet Macrosのことだと思われ。巡回や、パスワードの入力など、様々なインターネットサーフィンをする際の行動をマクロ化して、動かすことが出来るらしい。こちら側には特に実害はなさそうだな…?
GreenBrowser
UA: GreenBrowser / IP: 222.243.203.51 IE互換タブブラウザ、GreenBrowser。のことだとは思うのだけれど、それにしては情報が少なすぎる。普通、ブラウザは、Mozillaとの互換や、OSの情報、少なくとも自信のバージョンぐらいは含むものじゃないだろうか。なんとなく、偽装っぽく思えて仕方がないんだが。 アクセス元は中国からで、このアクセスはfavicon.icoに対するアクセスだが、その前二つはエントリに直接アクセス。どうにも不可解。
SAFEXPLORER
UA: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; SAFEXPLORER TL) 『SAFEXPLORER』という名前のブラウザらしい。製造元は、『Safe Explorer Software Corp.』ということになっているが、素性は不明。あんまり手を出さない方がよさげ。
EnergyPlugIn
UA: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; EnergyPlugIn; dial) EnergyPlugInというのはどうやら、Adwareらしい。スパイウェアなのかどうかはよく分からないが。いや、承認した上でのアドウェアという点はまだしも、UAにまでほいほい顔を出して欲しくないなぁ。
WebIndexer UA: WebIndexer/1-dev (Web Indexer; mailto://webindexerv1@yahoo.com; webindexerv1@yahoo.com)
多分、どっかのクローラーなんだと思うんだけど…『WebIndexer』がよくわからない。フリーのプログラムだろうか?検索すると、それらしきものはいくつか出るのだけど、このアクセスはrobots.txtを読んで帰っているので、人力ではないよな?あ、ちがうか、これは、Windowsベースで動くクローラーか。起動している限り、設定によってはリンクをたどって情報を収集する、と。なるほどね。個人用途も可能ってことは、むしろソフトウェアかな。


SERVICE



Station
UA: Station
謎。アクセス状況を見ると、普通に、人間がアクセスしているようなので、単にブラウザのUAをいじってるだけかなーと思うのだけど。REFERERもはっきりしてるしね。意図はよく分からないけど。

SuperFamicom
UA: SuperFamicom Ver.1.05 まぁ当たり前だが、任天堂製のゲーム機、ではないだろうね。エミュレーターかなーとも思ったが、エミュレーターでネットにアクセスする必要もないし。アクセス自体は、Google経由の、ごく普通のものなので、多分、洒落でしょう。




総括

今回は数がかなり少なく、新たなものの出現も一段落かなぁという感じ。
そろそろ、月1更新にしても良いかもしれない。
目新しいサービスもなかったし、時期的なものかな。
アクセス数は引き続き増加傾向なので、
今後どうなるかは読めないけれども。