野茂がヤンキース入り マイナー契約
【ニューヨーク27日共同】米大リーグ、ヤンキースは27日、野茂英雄投手(36)=前デビルレイズ=とマイナー契約を結んだと発表した。今後、傘下の3Aコロンバスに合流し、調整登板を経てメジャー昇格を目指す。昇格すると、ヤンキースには松井秀喜外野手と2人の日本人選手が所属することになる。 野茂は今季、全般的に振るわず、19試合に登板し、5勝8敗、防御率7・24。チームの若返り策もあって、デビルレイズから16日に戦力外通告を受けた。他球団からトレードの申し込みもなく、保有権の放棄を告知するウエーバーにかけられていた。 日本から大リーグに挑戦するパイオニアとして活躍し、6月に日米通算200勝を達成した野茂は大リーグ11年目。ドジャースを振り出しに、これで所属は7球団目(延べ8球団)になる。 ヤンキースは、先発投手のうち4人が故障する事態に見舞われ、今季の残りをカバーする投手の補充を迫られていた。


捨てる神あれば、拾う神あり。

先日、タンパベイを解雇された野茂だが、
ウェーバー告知を経て、ヤンキースとマイナー契約。
あくまでマイナー契約なので、
言ってみれば、テスト入団みたいなもんなわけだが、
チャンスがあるのは喜ばしい。

これで、延べ8球団目、らしい。
なんだろうね、それぞれの球団ではそれなりに実績を上げ、ノーヒッターも記録し、
年棒だってそれほど高くないだろうに、
怪我や不調や球団の事情で、チームを変わることが多くて。

ジャーニーマンっていうと、
実力が不足しているか発揮できないかで、
解雇されて何とか再就職を見つけて回る…というような、
ちょっとマイナー、二流な雰囲気があるんだけど、野茂ってそこまでかなぁ?
運が良いのか悪いのか…
実績だけ見たら、超一流とは言わないけど、1.2流くらいはあげてるはずなんだけどねぇ。
まぁ、もう11年目だもんね。
それでも今年、145km/hとか記録してた日もあったし、
心と体のバランスが上手く合えば、まだまだやれるだろうなぁ。


メジャーに上がるのを、待ってます。