先日、「作成日時」を更新するボタン追加というエントリで、
更新ボタンの設置方法を紹介したんですが、
更新時に作成日時を現在時刻に会わせてくれるプラグインがリリースされたので、追加でご紹介。
MT本体をいじるのはちょっと…という人はこれを導入するといいかもしれません。

releasedateプラグイン
作成者: H.Fujimoto(藤本壱) web: Hajime Fujimoto's Web Site 解説ページ: エントリーの作成日時を公開日時に自動更新するプラグイン DOWNLOAD - releasedate.zip [697byte]


インストール方法::

上記ダウンロードからダウンロードし、ZIPファイルを解凍してください。
出来た releasedate.pl を、MTディレクトリ下の、
pluginsディレクトリにアップデートしてください。

※なお、このプラグインは、エントリーを保存する前に処理をする
「pre_save」という機能を利用しています。
同じ機能を利用しているプラグインが他にもある場合、
そのプラグインとバッティングして、どちらかのプラグインが動作しない場合があります。
そのときは、リストの15行目(以下)にある「0」を、
「1」?「11」の任意の数に変えて、アップロードしなおしてみてください。

MT::Entry->add_callback("pre_save", 0, $plugin, \&releasedate);

説明::
このプラグインでは、以下の時に作成日時の更新を行います。
1. 下書きのエントリを公開するとき 2. エントリを新規作成して、下書きを経由せずに公開するとき

一度公開したエントリを再保存した場合には、作成日時は更新されません。
(こういう場合は大抵、誤字修正なので更新の必要はなさそうです)

注)MTの一部のバージョンには、確認画面から保存すると、
URIが変わってしまうというバグがあるようです。
その状態だと、一度公開したエントリーの日付も更新されてしまうので注意が必要、とのことです。
(詳しくは作者エントリをご覧下さい)

isの使用感::
基本的に、インストールしてしまえば存在を忘れてしまうのがプラグインなので、 特に違和感無く、自動で日時を更新してくれるのは便利この上ないと思います。 ただ、人によっては、自分で更新日時を指定したい場合もあると思います。 (よく更新日時をいじって一番先頭のエントリにしている人も見かけますし) そういう方は、一旦公開した上で、再編集し、日時を任意の日時に変更、保存する必要があります。 その辺りはちょっと面倒ですけれども。 なんにせよ、感覚的な話ですので、人によって好みの別れるところでしょう、 更新ボタンと合わせて、お好きな方を選んでいただければと思います。 (多分MT公式的にはプラグインをオススメすると思いますけれども…  あまり、ハッキングを推奨していないので)
注意::
ここで配布されているファイルは作成者の藤本さんの許可を得て再配布しています。 著作権は全て藤本さんに帰属します。 このエントリの一部には、藤本さんのエントリの本文の一部が引用されています。