件の、Livedoor vs フジテレビ問題も、ほぼ解決した。
将来的には、まだまだ、波乱がありそうな気はするが、まぁ、どうでもいいよね。

もとはと言えば、ニッポン放送、ひいてはフジテレビの、
自社株に対する杜撰な管理が招いた事件なわけであるから、
フジテレビが身銭を切って事態の収拾を図るのは当然であるし、
ライブドアを非難するのは、全くもってお門違いであろう。
いくら、あの社長の態度が気に入らなかろうとも。


で、だ。
ライブドアは、最初の大量購入を、確か6,050円で行ったと思うんだが(以下数字は記憶の範囲内)、
最終的には、全てを6,300円でフジテレビに売却した。
フジテレビは、5,950円でTOBを掛けていたから、かなりの出費増になったわけだが、
じゃあ、ライブドアが儲けたって言うと、そうでもない。


では、Yahoo!トピックスのアンケート結果を見てみよう。

そうなのよねー一番儲けたのは、リーマン・ブラザーズ。
日本人が聞くとなんだか、舐めてんのか、というような名前だが(苦笑)
ライブドアに金を貸す(資金を提供する)代わりに、ライブドアの株式を、
株価に応じて譲り受ける権利(株価が下がると、株式数も増える)を獲得し、
速攻売却してかなりの利益を得た模様だ。
そして、何のリスクもない。

ライブドアは結局、お騒がせのレッテルを貼られ、
株価は下がり、コンテンツも手に入れられず、名前だけの提携を手にし、
結局得したんだか、どうなんだか。
なんか、金の流れ的には、フジ→リーマンで、
外資に日本円を持ってかれただけな気がして、どうも釈然としないなぁ。


それにしても、
色々やってみるも、どうも事業の核を手に入れられないライブドア、哀れだなぁ。
(楽天が楽天市場で成功したのはある意味ラッキーだと思うが、それでも事業の核があるのは大違い)
サービス全てが二番煎じ、もしくは十分に練られていなくて大手の二番煎じに客をとられる、
頑張ってくれとしか言えませんけどもねぇ。