球場どこでも神出鬼没 謎のキャラ、フルスタを席巻(河北新報)
プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・フルキャストスタジアム宮城(仙台市宮城野区)に姿を現す、謎に満ちたキャラクターが大人気だ。球団第3のマスコット「Mr.カラスコ」。熱戦の合間に破天荒なパフォーマンスを演じ、観客の目をくぎ付けにする。

Mr.カラスコは黒いユニホームに、白の覆面といういでたち。楽天のマスコットと言えば、イヌワシを模した「クラッチ」と「クラッチーナ」がおなじみだが、彼はその外見や名前から分かる通り、カラスがモチーフだ。
登場するのは3、5、7回などの攻守交代時。オフロードバイクにまたがり、外野を縦横無尽に激走する。時には真新しい人工芝を傷つけんばかりにウイリー走行を披露し、グラウンドキーパーをやきもきさせる。>> 記事を読む


これってもしかして…
このニュースの続きじゃあないのかい?

パフォーマンスの過激さと言い、多彩さと言い、遊び心と言い、
こりゃ絶対間違いないって。
元トラッキー、前ブラックホッシーで、楽天のに移籍した『中の人』。


そうかー頑張ってるんですね。
しかも、チームが変わっても、『ヒールだが人気絶大』というキャラは同じ。

球団広報いわく、 「神出鬼没がコンセプト。正体はシーズンを通して解き明かされるストーリー仕立て」 とか。

やるなぁ。
やっぱり、こういうところにも金掛けていかなくちゃね。
引き抜かれた格好になった、横浜のファンの人は残念かもしれないけど…
(実際は金銭より起用法を中心とした待遇の差、だったみたいだけど)


写真=フルキャストスタジアム宮城で
大暴れのMr.カラスコ(撮影・鈴木豊)