患者さんを喜ばせることを目的とした、薬理作用のない薬のことを指すらしい。
単純に騙すのではなく、思いこみを利用した?治療法の1つであり、
広義には、何かをしたとき、『良くなったかもしれない』と思うのも、
プラシーボ効果、と言うらしい。

そう聞くと、げんかつぎも言ってみりゃプラシーボ効果だし、
宗教だって正直、プラシーボ効果だし、
ひょっとすると、サプリメントを毎日飲むのだってそうかもしれないし、
もうね、日常にはそういうことが溢れてるんだよなぁ、と。
よく分からんけど良くなった気がする、という前向きな態度は、
やっぱり生きてく上で大事なんやねぇ。

ところでこれを何で想い出したかといと、こういう記事を読んだため。

ITmedia PCUPdate:ファミカセ端子部に「ふー」
古くはファミカセ端子部に「ふー」と息吹きかけてからとか、オーディオ系製品でCDを機器に乗せるだけで音がよくなるモノとか、CDリッピング時にはまずドライブを1回開け閉めし、2回めにCDを入れてから行うとよいとか、PCの電源ケーブルにアルミホイルを巻き付けるだけでノイズが軽減され、結果フリーズしにくくなるとか。

……もちろん効果があると思いながらである。でなければプラシーボ効果が起こらないため。そして、そんな私は結構だまされやすい。


ファミコンのソフト、ハードに息を吹きかけるっての、やってたなぁ…
でもアレって効果ないのかな?埃のせいじゃなくて?
まぁ確かに、違うわな…(僕もはまってた?)


プラシーボ(Placebo)の語源は
ラテン語の「I shall please」(私は喜ばせるでしょう。)に由来してるそう。
勉強になるなぁ…

プラシーボとプラシーボ効果について(健康情報の読み方)