nballdog

少し前に発表された広島の『ボールドッグ』。
何でも、シンシナティレッズ傘下の3Aルイビルバッツでは、名物となっているそうで、
それを参考にしたらしい。
犬種はゴールデンレトリバー。頭も良く、愛想もあるから適任かも。
新聞各社、話題にしてますね。

ボール犬 デビュー戦満点!!
ミッキー君が広島市民球場で満点のデビューだ。1度目の三回裏は球審にボールを3個渡すつもりが2個で帰って来てしまう“そそう”をしたが、2度目の五回裏はきっちり3個のボールを届けた。前日は興奮して眠れなかったという。球界で初めて犬からボールを受け取った土山剛弘球審(33)は「指示通りやってくれました。ファンに喜んでもらえるし、試合時間が延びなければいい」とナイスなコメント。松田オーナーはシーズンでの実施に前向きだった。(デイリースポーツ)
広島にボールボーイならぬボール犬
広島市民球場にボールボーイならぬ「ベースボールドッグ」が登場する。12日のソフトバンクとのオープン戦で、雄のゴールデンレトリバー「ミッキー」が主審にボールを渡す役割を担うことになった。

出番は三回裏終了時と、五回裏終了後。ボールを入れたかごをくわえて運ぶ。球団関係者は「ピリピリした試合の中で、ホッと和めばいいと思っている。うまくいけばシーズン中も継続したい」と期待を込めた。

これで今季セ・リーグは広島がナンバー「ワンッ」! (スポニチ)

日本球界初の“ボールドッグ”、広島球場に登場
広島市民球場で12日に行われたプロ野球、広島カープ対福岡ソフトバンクホークスのオープン戦で、主審にボールを届ける“ボールドッグ”がお目見えした。米マイナーリーグに例があるが、日本球界では初めて。

この日、ボールボーイ役を務めたのはオスのゴールデンレトリバー「ミッキー」(7歳)で、三回と五回の終了後、飼い主の掛け声に合わせ、ボール3個入りのかごをくわえて土山剛弘主審のもとに駆け寄った。

カープの松田元オーナーは「シーズン中の名物イベントにしたい」と大乗り気だ。(読売新聞)

いつもであれば、プロ野球の将来だとか、
エンターテインメントとは何かみたいな論調になるところだけど、
今回は無し。
だって、可愛いんだもん。
広島ファンじゃなくても、見に行きたくなるなぁ。




広島市民球場に「ボール犬」
広島が12日に行われるソフトバンクとのオープン戦(広島)でボールボーイに代わり「ベースボールドッグ」を登場させることを11日、発表した。訓練されたゴールデンレトリバー(7歳、オス)がボールの入ったかごを口にくわえて三回裏、五回裏終了後の2回にわたり、一塁側審判員室よりホームベース上の球審にボールを運ぶ球界初の試み。球団側は結果次第でシーズン中での起用も検討。癒やしの名犬が広島名物になるかもしれない!?
緊張感あふれる球場を、和ませましょう。12日の本拠地でのソフトバンク戦でボールボーイ役をゴールデンレトリバーが務めることになった。大リーグシンシナティ・レッズ傘下3A「ルイビルバッツ」の本拠地・ルイビルスラッガーフィールドでは名物の「ベースボールドッグ」。広島市民球場では過去、オールスター期間中にフリスビー犬が登場。人気を集めたが本格的に“仕事”する犬の起用となると日本球界では初の試みとなる。
2月下旬に地元テレビ局が発案、球団側が協力する形で実施することが決まった。3月に入りセ・リーグに報告した際には「オープン戦期間中で進行や運営に問題なければ」と即日、了承された。既に先日10日には、広島市民球場で予行演習済み、また、相手チームや当日の球審員にも連絡しており問題はない。
当日は試合前に紹介を兼ねてグラウンドを一周。その後、一塁側にある審判員室で待機。グラウンド整備中の三回裏、五回裏の2回にわたってボール3、4個の入ったかごを口にくわえて本塁付近にいる球審に渡すことになる。
球団首脳は「試合でピリピリしている時にホッとしてもらえればいい。女性や子供もそれを見たくて球場に来てもらえたらいいね。名物犬みたいになれば」と説明。結果次第であるが、シーズン中も実施したい意向。ファンをどこよりも大事にする広島球団が、また1つ画期的なファンサービスで人気回復を目指す。(デイリースポーツ)