業者“自己申告”「談合しました」 米沢市発注の工事、入札中止に /山形 米沢市発注の「米沢市座の文化伝承館」の土蔵改修工事をめぐり、同市は入札参加業者が入札会で談合を「自己申告」したため入札を中止した。 市契約検査課によると、7日に市内の建築業者16社が参加して、入札会を開催。市総務部長が入札書を開封し最低金額を読み上げたところ、1社が異議を申し立てた。 この業者は「今回は自分が落札する順番だった。ルール違反だ」と主張。同課職員が「談合しているのか」と確かめると、「そうです」と認めた。会場にいた他の15業者と同課職員は、あぜんとしていたという。 同課の事情聴取で、異議を申し立てた社は「他の15社の積算内訳書を作ったが、1社だけ受け取らなかった」と説明。14社の入札価格は同社作成の価格と同額で、拒否した1社は最低金額を提示した業者だった。 15社は談合の事実を否定しているが、市は12日の市公正入札調査委員会で入札中止を決めた。
山形でのお話。 読めば読むほど意味が分からないが、 この訴え出た業者は、正直者か、馬鹿者か、どっちかだろうな。 (多分後者だろうね…業者には申し訳ないけどさ) 恨みがつのって、とか、良心の呵責を覚え… とかなら面白そうだけど…まぁねえやな。

談合なんて冗談じゃない!と思うけどさ、
今回は穏便に済ませといて、裏でなんぼでも交渉できるでしょう、
金銭的補償をさせるとか、次回以降連続で指名を受けるとか、
マスコミに匿名で流すとかさ…

世の中には変わった人もいるもんだ。

  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories