キーボードを新調しました。
ダイヤテック社のキーボード
昔は、キーボードなんてジャンク品で十分だと思ってて、
PC環境の中でお金を掛ける部分ではない、と思ってたんだけど、
日常的に、仕事として触る時間が長くなるにつれて、いや、そうでもないな、と思い始めた。

仕事にどの程度影響があるか分からないけど、
自分の好みの打鍵感というのは、非常に重要。
僕は、Logitecのキーボードなんかにあるような、柔らかい、浅いタッチが凄く苦手で。
会社で支給されているキーボードはまさにそれなんだけど、
どうしても、押したんだかどうなんだかよく分からない、曖昧な感じがどうも好きじゃない。
『打鍵圧』(というのかどうか知らないが)が非常に高いキータッチなので、
ビシッと打てるキーボードが好き。
キーストロークの深さなのか、メカニカルということなのか、詳細はよく分からないが、
このキーボードは、そういった僕の感じにぴったりフィットする。

基本的に…
良く付いてる機能、ホットキーやら、スクロールやら、そういうのは僕には不要で。
きちんと、入力に必要なキーがそろっていれば、それで十分。
そういう意味で、余計な機能を付けることで、キーボードの価値を高めようとするのではなく、
ただ、その感触にこだわったこのキーボードは好感が持てる。

やっぱり、使う道具ってのは本当に大事だと思う。
小さな事だけど、能力が向上するわけでもないけど、
その能力のアウトプットという点で、やはり重要だ。
もちろん、これ以上に良いキーボードは存在するわけで(高いモノになると30,000円以上する)
それこそ、ちゃんとしたプログラマー御用達ということになるのだけど、
僕くらいで在れば、これくらいで精一杯かな。
しばらく、使い倒すことにしよう。

  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories