終わりました、ね。
不安的中の集客数、予想外の盛り上がり、かな。
みんな、フロアにいててくれたから…
DJしてても寂しくならなくてすみました。ありがとう。

言い出して、企画して、仕切って、
正直、一人相撲かな、と思う場面もあったけど、
でも何とか周りの友人が支えてくれて、盛り上げてくれて、
なんとか形になったって感じです。
別に、プライベートパーティーっていうつもりは全くなくて…
やる以上、ビシッと人集めたかったんだけど…
その点は力不足でした。
メトロさん、すみませんでした。
69TRACKSのお二人もゲストなのに何かと気を遣ってくれて…
やー、一人じゃ何にも出来ないよな、ホントに。

『またやってよ!』
って何人かに言われたけど、
んー…多分、すぐにはやらないと思います。
それはモチベーション的なこともあるし、興行的なこともあるし、
コレで調子に乗って同じことやっても、
結局はマンネリになることが見えてるから。
そうではない何か、が見えたら、また、やろう、ということになるでしょう。
それまでは、また、長いお休みに入るってことで。


ひどく冷静な視点で言えば、
今回メインに色々動いてやっぱり実感したことは、
『オールジャンル』っていうこと以外、特に主張するものが無くて、
イベント的に凄く弱い、ということ。
必然的に、内輪で盛り上がるしか、イベントとして成り立たせられない。
もっと、音楽的な側面で、イベントとして、DJとしてオールジャンルに、
つまり、オールジャンルから、ジャンルレスになってくれば、
『面白いことやってるぜ』って言えるんだけど…
(それでは今の長所も多少消してしまうのだけど)
ゲストを呼んだのもそういう自信のなさ、かもしれない。
ある程度、『盛り上げてもらう』という意識がDJ陣にあったかもしれない…
『TOOEARLY』という名前を売る点では少し中途半端だったかな。
イベントへの意思統一にもう少し煮詰める点があったか。

いずれにせよ、単発で成功できるほど、甘くはない、
そう言う意味で、今回くらいできれば成功なのかもな…
人だけ集めても、終電で人が減っていったり、
ベンチの方が人が多かったりするとそれは失敗だろうし。
レギュラーイベントでも全く人がいないイベントもあるからね…
『楽しかったから大成功』
っていうのは簡単だけど、やっぱり、それだけじゃね、
まじめに遊んでるとは言えないだろうし、さ。

たくさん人を集めて、かつ楽しませて、楽しむ。
それが在るべき最高の姿だね。
レジデンツDJの技量も『楽しませる』には十分とは言えなかったし。
だから、今回は40点。
残りは、また、次の機会に。