そこに行けば何かあるなんてキミは言うけど
僕は気にしないで
ただ真っすぐにのびているこの赤い花を
ずっとながめていたいよ
神様がどこかにいるのならどうか
その折れた翼をいやして
足どりが重くなって価値を感じはじめたら
そっとほほえんで

もし人に個性があるなら目に入る色も
ちがうはずなんで
僕に見えたキレイな花もキミには
みにくい人食い花って
それならキミが笑ってる時
僕がさめるのは道理だろうし
そこに行けば何かあるなんてキミは言うけど
僕は感じないよ

あざやかに彩られた バカげた追憶の花
僕には狂って見えた 祈りは真実の部屋
くりかえし続けている 涙は沈黙の月
終わらない聴こえない さけびは届くのかな