1時に目が覚める
僕の顔青ざめる
心配ないね、予定はないね
仕事 ソコ ココ イイ事全て何にもないね
一秒前 頭の中さえ誰も覗けず
『それ何故?』
確か君が僕の目の前に立ち
耳もとでささやいてくれたはずだし
その内容、とても重要
それを忘れるなんて
なんて大変な事しでかしたんだ
「KEYはどこ?」
カギ穴のナンバー それはものの2秒の間に
消えてしまった
「ナニ!」
それをとにかく今すぐ捜しに…
の、つもりがシャワーを浴び
流してしまった手がかり
全ての君の面影をなくし
僕の手もとにある地図は白紙
耳を噛むヘッドホンはずし
かわりに毛糸の帽子をかぶり
さあどうしよう
時計を見よう 2時 3時 4時…
「今すぐ行こう!」
スニーカーのヒモしめ外に出よう
ドアのカギ閉め 行こう 行こう 行こう……

捜しに行こう 捜しに行こう
君の声 捜しに行こう
確かめに行こう 確かめに行こう
僕のコト 確かめに行こう

トゥルル ラッタッタターラー
トゥルル ラッタッタターラー
トゥルル ラッタッタターラー
トゥルル ラッタッタターラー……