回るよ、回る
地球は回る
何もなかった頃から同じように
いつもいつでも
飛び出せるように
ダイスのように転がっていたいから

泣きたくなるよな時も
君に会いに行きたくなっても
強がるだけ
今は何も何もわからない

世界中を僕らの涙で埋めつくして
やり切れないこんな想いが
今日の雨を降らせても
新しいこの朝が
いつものように始まる
そんな風に僕は生きたいんだ
生きていきたいんだ

一人きりでは出来ないことも
タフな笑顔の仲間となら乗り切れる
たどり着いたらそこがスタート
ゴールを切れる余裕なんて今はない

誰かを愛することが
何かを信じ続けることが
何より今この体を支えてくれるんだ

世界中を僕らの涙で埋めつくして
疲れきった足元から
全て通り尽くしても
いつの日にかきっとまた
南風が歌い出す
そんな風に僕は笑いたいんだ
笑っていたいんだ